BLOG

ますます需要が高まる医療翻訳【1-StopJapan】

みなさんこんにちは。1-StopJapanです☺

 

本日のテーマは【医療翻訳】です。

 

訪日外国人の数は年々増えています。

観光庁の発表によると2017年の訪日外国人客数は2869万人で過去最高を記録したそうです。

訪日外国人客数は2020年の東京オリンピック開催に向けてさらに増加していくとみられます。

また、これに伴い外国人労働者の受け入れも増えています。

日本を訪れる外国人が増え続ける中、医療現場では外国人患者をめぐるトラブルが起きているといいます。

病気やけがのリスクは渡航先においても無くすことはできないものであり、

緊急に医療サービスを受ける可能性は万人に共通して存在します。

しかし、母国語が通じない場所で医療サービスを受けることは大きな不安を伴います。

またコミュニケーション・宗教・制度など様々な面においてトラブルが起こると予測されます。

 

 

外国人観光客の多くは保険証を持たない無保険状態で、しかも日本語ができない。

とりあえず治療は受けたが治療費が払えず踏み倒しといった問題も増えているようです。

診察前に治療に関する説明、概算金額を提示するなど、対策が必要でしょう。

日本語での日常会話が可能なら受付などでは問題ないかもしれませんが、診察のときは別問題。

少し日本語ができる外国人であっても医療現場での日本語を理解するのは難易度が高いのです。

また手術や薬の使用方法などは、命に関わる問題でもあります。

多言語医療問診票や多言語診療マニュアルを活用するなどの配慮が必要となります。

 

日本での滞在を快適なものにするために、医療に関する情報の翻訳は重要です。

外国人が安心して医療を受け、日本の医療現場も安心して外国人患者を受け入れられる環境を作っていく必要があるでしょう。

 

 

過去の関連記事もチェック!↓

これぞ専門知識必須!┃「MEDICAL×翻訳

 

 

■1-StopJapanの医療翻訳■

 

医療翻訳で一番大切とされるのは正確さです。

数字や単位など、誤りがあると人の命にも関わる場合ますので慎重に訳す必要があります。

弊社には、医療専門の知識と、翻訳技術経験を兼ね備えた翻訳者が多数在籍しております。

原稿の分野やタイプを拝見し、お客様の原稿に応じた最適な翻訳者を手配いたします。

 

弊社の翻訳プロセスの最終段階には必ずネイティブチェックが入ります。

お客様にご満足いただける高品質の翻訳サービスをご提供いたします。安心してお任せくださいませ。

 

 

【取扱文書(医療・医薬分野)】

・医療システムマニュアル
・病院のパンフレット
・医療観光資料
・診断書,処方箋
・試薬試験報告書
・医療機器取扱説明書
・健康食品の紹介書
・医薬の海外文献
・研究成果報告書      など。

 

上記以外の翻訳も承ります。ぜひご相談ください。

 

 

Facebook➡https://www.facebook.com/1StopJapan/
Twitter➡@1StopJapan
📩➡japan@1stopasia.com
📞➡03-4405-6979